株価の情報やニュースは何といってもYahooファイナンスを参考にするとよいでしょう。日経平均・NYダウ・アメリカドルなどの情報が詳しく載せられています。これから株を始められる方は是非Yahooファイナンスのよいところを見つけてください。

会社員であれば現物株を10年間持ち続けるとよい

株はかなり長く保有したほうがいい結果がでることがあります。現にいま日本経済は好調で、10年前は景気はそれほどよくなく状況でしたが、その当時の株を現物で購入したものは上がっているものが多いです。会社員であれば、固定の給与はまじめに働いておれば入ってきますので、生活資金を株に当てる人でないなら余裕資金を当てる人が大半のはずです。つまり消失してもいい資金なので、株を買って放置しておくも可能です。実はこの株へのスタンスが重要で、なかには所有することすら忘れていた強者もいますが、日々の値の上がり下がりを気にしていると精神的にもよくないですし、会社員なので普段は仕事をしているのですから、仕事への集中が欠落します。これでは何のための投資がわかりません。ですので放置しておくものとして10年ぐらいそのままに現物で所有しておくべきです。現物では信用取引と違って株を借りた利息の支払いもなく、配当金や株主優待があればそれがもらえます。これらだけでもメリットになりますので、会社員であれば10年ぐらいの期間の放置を推奨します。仕事をしておれば10年などあっという間にすぎます。その時大幅に上昇しておれば、それはもう余裕資金ではなく、立派な資産です。このように気長な気持ちで資産を増やした会社員投資家は実は多いです。本業があるからこそできるワザですが、投資というものは1日や1か月ではそう結果がでるものでなく、長い目でのものを見ることも必要です。ただしこの方法は借りいれ利息の発生する信用取引に向かず、あくまでも現物での長期保有のみを指している点に注意です。信用取引は現物と投資スタンスが全く違うので、日中の働く会社員にはあまりお勧めできません。